あなたの空き家を有効利用しませんか?

登録できる空き家は?

  1. 勝央町内に所在し、現在空き家になっている(または空き家になる予定)の物件で居住可能なもので、登録申請時に宅地建物取引業者と媒介契約を締結していない物件であること。
  2. 物件に係る所有権又は売却若しくは貸借を行うことができる権利を有するもの全員が登録申請に同意していること。

登録の申し込みは?

空き家バンクへ物件の掲載を行うには、役場担当部署と事前協議した後、別途「勝央町空き家情報バンク登録申込書(様式第1号)」に「承諾書(様式第2号)」を添付して申込んで下さい。

空き家バンクに登録しても、町は買取や借受、補修などの維持管理は行いません。

pdfファイル「勝央町空き家情報バンク登録申込書(様式第1号)」ダウンロード(PDF:104kB)

pdfファイル「承諾書(様式第2号)」ダウンロード(PDF:64kB)

情報提供はどのようにされるの?

登録された物件に関しては、

  1. 参加業者を募集して物件の下見会を開催し、取扱業者決定後に町のホームページ及び不動産情報サイト「住まいる岡山」に情報を掲載
  2. 町のホームページのみに情報を掲載

のいずれかの方法で情報提供します。

 

※「住まいる岡山」に情報掲載するため物件提供者が取扱業者を選定したときには、選定報告書を役場担当部署に提出して下さい。

pdfファイル「宅地建物取引業者の選定報告書(様式第3号)」ダウンロード(PDF:47kB)

交渉時の注意事項

交渉に関して、 不動産情報サイト「住まいる岡山」にて情報提供する場合、利用希望者は物件取扱業者※に直接申し込みを行います。取扱業者から物件提供者に定期的に申し込み状況の報告があります。
※ (社)岡山県宅地建物取引業協会・(社)岡山県不動産協会に所属し一定基準を満たす会員業者が、業法に則った媒介・仲介業務を行い、重要事項説明の実施や契約書を作成することにより、トラブルを未然に防ぐことを目的としています。媒介契約については、契約成立時に仲介手数料が発生します。

町ホームページだけで情報提供する場合、交渉は直接物件提供者と利用希望者の間で行っていただき町は直接関与しません。必要な場合は宅地建物取引協会をご紹介します。