残りの人生はのんびりと好きな事を 井上さん夫妻【平成25年:熊本県より移住】

4

井上さん夫妻【平成25年:熊本県より移住】

料理歴45年のベテランシェフ、井上さんは全国の博覧会や各種イベント、大相撲の食事関係、飛行機の機内食などを手がけ、上海やロサンゼルスなど海外で腕をふるったことも。のんびり古民家生活をしている今も、その料理はさらに磨きがかかっている。

3

「もし地元でええとこが見つかっとったらこんな暮らしはできてないかもしれん。神様が『ゆっくり休め〜』っていいよるんやろうね(笑)。」一期一会の出会いを大切にする井上夫妻だ。

2

世界を渡り歩き
安息を求め勝央へ

大手リゾート会社のシェフとして勤務し、ホテルやゴルフ場の料理など世界をまたに掛け数多くの料理をてがけてきた井上さん。

50代となり多忙な生活を辞め、残りの人生はのんびりと好きな事をしたと思い、自分の店を持つことを決意。

『味のある古民家で田園風景が広がるロケーションを探していてね。色んなまちの不動産屋を渡り歩いたけどイメージのもんが中々見つからんくて諦めかけとったんよ』

そんな時、空き家バンクで一つの田舎まちが目にとまった。単身視察に訪れ、まさにイメージ通りと即決。

家族の反対にあうが、説得し移住へ。

「反対しとった娘も店に来たら『えぇとこたい』と喜んでくれてね。今まで色んな人に出会って色んなことを学ばせてもらったけん、この地で食を通じて地域に貢献してきたいね」と優しく微笑む井上さん。料理に込める『想い』が美味しさの隠し味となっている。

空き家改修経費の一部を補助など、、、

住宅に関するまちの支援制度

・新築住宅普及促進事業

町外者が住宅を新築または購入した場合20万円を支給。

・定住促進補助金

空き家バンク登録物件の改修、購入費用の一部を助成。

・空き家情報バンク制度

賃貸・売却を希望する空き家の情報を希望者に紹介。